マーケット・インテリジェンス

価値観・ライフスタイル

第86回 日本人はこんなタイプに分けられる ㉔ギフトクラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年12月27日
前回、2011年から増加しているクラスターは「アンチギフト派」「親孝行派」、減少しているクラスターは「ギフト大好き派」「マメな気配り派」であることを示した。今回は性別年代別の時系列変化からクラスター構成の変化をみていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第85回 日本人はこんなタイプに分けられる ㉓ギフトクラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年12月20日
前回は日本人男性のファッションに対する考え方から、7つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「ギフト」に関する回答結果から作成した、贈り物に関する(ギフト)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第84回 日本人はこんなタイプに分けられる ㉒男性ファッションクラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年12月13日
前回のコラムでは2011年から増加しているクラスターとして「見た目派」があることを示したが、それ以外あまり大きな変化が見られないことを示した。今回は、性別年代別にクラスター構成比率の時系列変化を見て、もう少し詳しいクラスター増減の特徴を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第83回 日本人はこんなタイプに分けられる ㉑男性ファッションクラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年12月06日
前回の同シリーズでは日本人女性のファッションに対する考え方から、9つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「ファッション」に関する男性の回答結果から作成した(男性ファッション)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第82回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑳女性ファッションクラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年11月29日
前回のコラムでは2011年から減少しているクラスターとして「綺麗なおねえさん派」があるが、それ以外あまり大きな変化が見られないことを示した。今回は、性別年代別にクラスター構成比率の時系列変化を見て、もう少し詳しいクラスター増減の特徴を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第81回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑲女性ファッションクラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年11月22日
前回の同シリーズでは日本人の食行動に対する考え方から、7つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「ファッション」に関する女性の回答結果から作成した(女性ファッション)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第80回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑱食行動クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年11月08日
前回のコラムでは2011年から増加しているクラスターとして「食べられればいい派」、「やりくり自作派」があることを示したが、今回はこれらのクラスターを中心に、性別年代別にクラスター構成比率の時系列変化を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第79回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑰食行動クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年11月01日
前回の同シリーズでは日本人の飲酒行動に対する考え方から、7つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「食」に関する回答結果から作成した食行動に関する(食行動)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第78回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑯飲酒行動クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年10月25日
前回のコラムでは2011年から増加しているクラスターとして「なんとなく派」、減少しているクラスターとして「酒好きおじさん派」であり、全体としてグループ飲み志向が減少していることを示したが、今回はこれらのクラスターを中心に、性別年代別にクラスター構成比率の時系列変化を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第77回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑮飲酒行動クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年10月18日
前回の同シリーズでは日本人女性の美容に対する考え方から、8つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「飲酒」に関する回答結果から作成した(飲酒行動)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第76回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑭美容女性クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年10月04日
前回のコラムでは2011年から増加しているクラスターとして「変身願望派」「のんびり派」、減少しているクラスターとして「自分で何でも派」「美の伝道師派」「健康美派」であり、美容に気を遣わない傾向が生じていることを示した。今回は、性別年代別のクラスター構成比率の時系列変化から、クラスター増減の特徴を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第75回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑬美容女性クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年09月27日
前回の同シリーズでは日本人の金融に対する考え方から、7つのセグメントに分けた結果を示した。 今回はmifの「美容」に関する女性の回答結果から作成した美容に対する考え方(美容女性)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第74回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑫金融クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年09月20日
前回のコラムでは2011年から減少しているクラスターとして「慎重派」「ネット口座開設派」、増加しているクラスターとして「情報収集派」「リアル安全運用派」であることを示した。今回は、性別年代別のクラスター構成比率の時系列変化から、クラスター増減の特徴を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第73回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑪金融クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年09月13日
前回の同シリーズでは日本人の余暇に対する考え方から、8つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「金融(銀行、保険、証券等)」に関する回答結果から作成した金融に対する考え方(金融)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第72回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑩余暇クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年08月30日
前回、2011年から増加しているクラスターは「プチ堅実派」「ゆっくりん休養派」「楽しめない派」、減少しているクラスターは「家族で楽しむ派」「1人で楽しむ派」「友人で楽しむ派」であることを示した。今回は性別年代別の変化を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第71回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑨余暇クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年08月23日
前回は日本人の「健康」に対する考え方から、7つのセグメントに分けた結果を示した。 今回はmifの「余暇」に関する回答結果から作成した余暇に対する向き合い方に関する(余暇)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第70回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑧健康クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年08月09日
前回のコラムでは2011年から増加しているクラスターとして「プチ新しものトライ派」があることを示したが、今回はこのクラスターを中心に、性別年代別にクラスター構成比率の時系列変化を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第69回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑦健康クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年08月02日
シリーズ「「日本人はこんなタイプに分けられる」を再開します。前回の同シリーズでは日本人のエコに対する考え方から、5つのセグメントに分けた結果を示した。今回はmifの「健康」に関する回答結果から作成した健康に対する向き合い方に関する(健康)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第65回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑥エコクラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年06月28日
前回、2011年から増加しているクラスターは「ちょっと気になる派」、減少しているクラスターは「エコ原理主義派」であることを示した。また「省エネ」「エコ商品購入」の2軸で見ると、ともに少ない方が増加傾向であることを示したが、今回は性別年代別の時系列変化からこれらの変化を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第64回 日本人はこんなタイプに分けられる ⑤エコクラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年06月21日
前回は日本人の仕事に対する考え方から、8つのセグメントに分けた結果を示した。 今回はmifの「エコ」に関する回答結果から作成した、環境に対する向き合い方に関する(エコ)クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第63回 日本人はこんなタイプに分けられる ④仕事クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年06月13日
前回、2011年から増加しているクラスターは「ホドホド派」、「パート主義派」、減少しているクラスターは「仕事人間派」であることを示したが、今回は性別年代別の時系列変化からこれらの変化を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第62回 日本人はこんなタイプに分けられる ③仕事クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年06月07日
前回は日本人の価値観に関して、7つのセグメントに分けた結果を示した。 今回は日本人の「仕事に対する向き合い方」に関する「仕事」クラスターについてご紹介する。
価値観・ライフスタイル

第61回 日本人はこんなタイプに分けられる ②価値観クラスターによるタイプ分け(2)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年05月24日
前回、2011年から増加しているクラスターは「無気力あきらめ派」、「のんびり派」であり、減少しているクラスターは「積極派」、「プチ保守派」であることを示した。今回は性別年代別の時系列変化から、これら変化要因を見ていくこととする。
価値観・ライフスタイル

第60回 日本人はこんなタイプに分けられる ①価値観クラスターによるタイプ分け(1)

三菱総合研究所 生活者市場予測システム事務局 / 2016年05月16日
mifは約2000問の設問で構成された大規模生活者意識調査で、2011年より毎年6月に国内居住者30,000人を対象に実査を行っている。mif事務局では、価値観や食、健康、仕事等の17分野で生活意識に関する回答結果を用いたクラスターを作成している。いわば日本人を価値観やライフスタイルの違いによりタイプ分けしたものであり、2015年データより個別サンプルにクラスター分類を付与し、自由に集計できるような形で提供している。
価値観・ライフスタイル

第9回 現代日本社会における幸福の構造 ③ちょっとした絆による新しい幸せモデル

三菱総合研究所 参事 亀岡 誠 / 2012年04月18日
戦後の日本は「伝統的な絆」を中心とする社会から「近代的な絆」を中心とする社会へ変化してきた。伝統的な絆は先祖代々の土地や家柄を拠り所にしたのに対して、近代的な絆は学校、会社、家族(核家族)という組織への所属を拠り所にする。しかし前回述べたように、この近代的な絆も1990年代以降に大きく動揺する。そこで、これからの社会で注目したいのが第三のタイプの絆だ。それは、隣人関係、友人関係、趣味の仲間、寄付や社会貢献などによる「ちょっとした絆」である。
価値観・ライフスタイル

第8回 現代日本社会における幸福の構造 ②近代幸せモデルと消費社会

三菱総合研究所 参事 亀岡 誠 / 2012年04月11日
東日本大震災をきっかけに、「絆」という言葉がクローズアップされるようになった。近代化を進める中で「個」を優先してきた日本人が再び「絆」に目覚めたのだろうか。そんな論調の解説をよく目にする。しかし、近代化が一方的な絆の喪失プロセスであったかと言えば、そんなことはない。
価値観・ライフスタイル

第7回 現代日本社会における幸福の構造 ①幸福感と絆と消費の関係

三菱総合研究所 参事 亀岡 誠 / 2012年03月26日
昭和レトロブームの火付け役になった映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の最新作(シリーズ三作目)が今年公開された。映画の中で町医者の宅間先生(三浦友和)が「幸せって何だろう。豊かさや便利さのことだろうか」と呟くシーンがある。「貧しくても幸せ」という図式に多くの人はロマンを感じるものだし、「幸福はお金で買えない」という教訓に多くの人は共感する。しかし本当のところはどうなのだろうか。
価値観・ライフスタイル

第3回 震災後の価値観・ライフスタイルの変貌 ③ゆとり世代が慈善活動を牽引

三菱総合研究所 事業予測情報センター / 2012年01月11日
「慈善意識」は1990年代から高まっています。世代別にみると、学校でボランティア教育を受けてきた「ゆとり世代」でとくに高い傾向があります。慈善意識により活性化された「社会型(ソーシャル)消費」は、今後重視すべき消費トレンドの一つになるでしょう。
価値観・ライフスタイル

第2回 震災後の価値観・ライフスタイルの変貌 ②家族への帰属意識が加速

三菱総合研究所 事業予測情報センター / 2011年12月26日
東日本大震災を契機に家族の大切さが再認識され、「『家族との信頼関係やふれあいを大切としたい』とする意識」(以下、「家族への帰属意識」)が高まっています。これにより、既婚者は、家族揃っての行動、未婚者はパートナーを求める行動が増加すると見られます。
価値観・ライフスタイル

第1回 震災後の価値観・ライフスタイルの変貌 ①安全・絆を重視、権力志向は後退

三菱総合研究所 事業予測情報センター / 2011年12月13日
生活者市場予測システム(mif)「ベーシック調査」(2011年6月調査)により、2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本人の価値観は、「安全」や「絆」を重視し、「権力」志向が後退していることが明らかとなりました。