マーケット・インテリジェンス

女性市場

第95回 インスタ女子と筋肉女子―現代女性の分類学(2)検索女子―なぜ彼女たちは検索をし続けるのか?

昭和女子大学 人間社会学部 現代教養学科 専任講師 天笠 邦一 / 2019年03月28日
前回のコラムでは、「SNSですみ分ける女性たち」と題して、デジタルネイティブ世代の女性たちの特徴的なSNS利用の実態について議論を行った。特に4大SNS(LINE, Twitter, Instagram, Facebook)の利用者の分析から、LINEのような選択できない(コミュニティからの強制力を持つ)メディアと、自らのライフスタイルや価値観に沿って選択して利用するメディア(モノ/コト両面の消費を表現するInstagramや、社会的ステータスが表れやすいFacebook、それとは対極にあるTwitter)があることが分かった。
女性市場

第94回 インスタ女子と筋肉女子―現代女性の分類学(1)SNSですみ分ける女性たち

昭和女子大学 人間社会学部 現代教養学科 専任講師 天笠 邦一 / 2019年03月08日
2018年版のmif調査において、本コラムの著者である天笠は、カルチャースタディーズ研究所の三浦 展氏と共同で、20~39歳のmif回答者(有効回答5442サンプル)の女性を対象に「SNSを中心としたインターネットサービス」と「なりたい職業」に関する追加調査を実施した。
女性市場

第21回 女性マーケティングの現状と課題 ③女性市場に取り組むポイント

三菱総合研究所 関西センター 本田えり子 / 2013年02月14日
 最後に、これから女性市場に挑戦する企業がまず取り組むべきポイントを整理しておきたい。1つ目は、mifなどの既存のマーケティング情報を活用し、女性のライフコース変化をよく理解し、新しい消費の可能性を探ること。2つ目は、ターゲットとする女性との接点を設け継続的なコミュニケーションを始めることである。
女性市場

第20回 女性マーケティングの現状と課題 ②女性市場に対する企業の取組

三菱総合研究所 関西センター 本田えり子 / 2012年12月25日
 三菱総研では成長する女性市場に対する企業の取り組みの実態を把握するため、上場企業のマーケティング担当者に対し、アンケート調査を行った。まず浮彫になったのは、業種によるばらつきである。「流通」「食品・飲料」「化粧品・化学」の3業種では、マーケティングのターゲットとして女性が重視されているが、「輸送用機器(自動車)」「金融」「薬剤・医薬品」では女性を重視する企業は半数程度にとどまる。これらの業種における女性市場への取組はまだこれからであり、いち早く取り組むことで競争上優位な地位を築ける可能性がある。
女性市場

第19回 女性マーケティングの現状と課題 ①拡大する女性の消費パワー

三菱総合研究所 関西センター 本田えり子 / 2012年11月20日
 紙メディア衰退が叫ばれる中、女性誌は新創刊が活発であり、2009年以降は「GLOW」、「美STORY」が創刊され、2013年4月には40代独身女性をターゲットにした新雑誌「DRESS」が創刊されるそうだ。働き続けるアラフォー独身女性や子育てしながら仕事も続けるワーキングマザーの増加により、40代女性の消費力は増大した。新たな雑誌の創刊はそういった変化をとらえたものであろう。
女性市場

第6回 多様化する女性市場をとらえる ③生活資源と役割が消費・生活行動を規定

三菱総合研究所 事業予測情報センター / 2012年03月15日
前回言及したように、ライフコースによって女性の消費・生活行動に差がみられる。その背景には、各ライフコースに属する女性の「生活資源」と「役割」の違いがある。
女性市場

第5回 多様化する女性市場をとらえる ②ワーキングシングルとリターナに注目

三菱総合研究所 事業予測情報センター / 2012年02月29日
高い消費パワーを持ち、経済活性化の牽引役として期待される女性ですが、そのライフコースは多様化し、消費・生活行動にもさまざまな特徴がみられています。その中で注目されるのは、ワーキングシングルとリターナ(復職層)です。
女性市場

第4回 多様化する女性市場をとらえる ①女性市場に注目する理由

三菱総合研究所 事業予測情報センター / 2012年01月31日
日本経済は、失われた20年といわれていますが、長期にわたって、低迷が続いています。 そうした厳しい経済環境において、カギとなるのが、1つは高齢者、もう1つが女性といわれています。高齢者は人口ボリュームが拡大していく中で当然注目されるのですが、それではどうして女性に注目すべきなのでしょうか。