第55回mifセミナー開催のご案内

2018年09月10日

第55回mifセミナーを2018年10月17日(水)に開催いたします。
今回は、mifの最新データ(2018年)を用いた生活者分析をテーマに開催いたします。

【日 時】2018年10月17日(水)14:00~16:10(受付開始13:30)
【場 所】三菱総合研究所・大会議室(東急キャピトルタワー4階)
【参加費】無料
【対象者】mif会員(有料・無料)

■ 第一部 2018年mifベーシック調査結果速報 ~パワーカップルの動向&2018トレンド~
    エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社
    生活者市場予測システム(mif)事務局  小川 歌織

 生活者の“気分”は引き続き上向いているものの、消費がなかなか好転しない。その中で、購買力旺盛なパワーカップルが元気だ。彼らの実像に迫るとともに、国内最大規模の生活者市場予測システム(mif)における定量調査の最新版(2018年版、2018年9月公開)の結果から浮かび上がった7つのトレンドをご紹介します。
 mifでは、生活者3万人に対し、2000設問の調査を2011年から毎年実施しており、震災後8年間の経年変化から読み取れる生活者の変化を捕捉します。

■ 第二部 女性の時間意識、家族意識が変わる ~ライフコース・マーケティングで「変化」を捉える~
    株式会社三菱総合研究所 チーフプロデューサー 阿部 淳一

  昨年3月、日本経済新聞出版社より「女性市場攻略法~mifデータで読み解く女性のライフコース変化」が刊行され好評を博した。本講演は同著の内容をベースに、生活者市場予測システム(mif)の範囲を「2011~2015年」から「2011~2018年」までに拡大、最新のデータを駆使して女性市場のトレンド変化を捉える。
 働く女性の増加でライフコースの多様化が進み、女性の消費に対する意識や行動が大きく変わろうとしている。車、一眼レフカメラ、ビール、携帯電話ゲームの消費を引っ張っているのは実は女性である。その一方で、化粧品への関心の低下、女子会ブームの終焉、自分へのご褒美消費の消滅など、従来からの女性市場攻略のキーワードが通用しなくなってきた。こうした女性市場の分析から女性駆動の市場攻略の方策を説明します。

 

詳細は、セミナー参加申し込みをご参照ください。