第43回mifセミナー

第43回セミナーでは、最初に、弊社 政策・経済研究センターより「mifで生活者変化を読む」をご講演いたします。三菱総合研究所では、震災後の2011年6月から 3万人を対象とした約2,000問という国内最大級のアンケート調査に基づく「生活者市場予測システム(mif)」を実施しています。今回は、この5年分の調査結果から読み解いた、震災から消費増税後に至る生活者変化のトレンドについてご報告します。

次に、弊社 主席研究員 武田 洋子より「2016年の注目すべき経済のポイント」をご講演いたします。2015年のわが国経済は、新興国経済減速の影響から輸出や生産が低迷するなど、 弱い動きがみられました。 先行きは、良好な所得環境に支えられ消費が緩やかに持ち直していくほか、高水準の企業収益を背景に設備投資も増加することが期待され、内需中心に緩やかな 回復が予想されます。ただし、国内では企業や家計のマインドが悪化、海外では中国経済の行方や米国の金融政策が市場に与える影響など、気がかりな点も増しています。本講演は、今後の世界・日本経済の行方を考えるに当たり、注目すべきポイントを解説します。

 

■株式会社三菱総合研究所 政策・経済研究センター 主席研究員(チーフエコノミスト) 武田 洋子(たけだ ようこ)
米国ジョージタウン大学公共政策大学院修士課程修了。1994年4月、日本銀行へ入行し、海外経済調査、国内・海外金融市場分析などを担当。2009年4月、株式会社三菱総合研究所へ入所し、現在、同研究所政策・経済研究センター主席研究員(チーフエコノミスト)。
社会保障審議会年金部会委員(2011年~)、国の債務管理の在り方に関する懇談会メンバー(2013年~)、GPIF運用委員会委員(2014年~)、社会保障制度改革推進会議委員(2014年~)等。

 

 

プログラム

13:30-13:40 mif事務局からのお知らせ
13:40-15:00 mifで生活者変化を読む
株式会社三菱総合研究所 政策・経済研究センター
15:00-15:10 休憩
15:10-16:30 2016年の注目すべき経済のポイント
株式会社三菱総合研究所 政策・経済研究センター 主席研究員 武田 洋子

※プログラムは予告なく、変更することがございます。

開催概要

日時 2016年1月19日(火) 13:30-16:30
申込締切 2016年1月12日(火)17:00
会場
三菱総合研究所・大会議室(東急キャピトルタワー4階)
〒100-8141 東京都千代田区永田町2-10-3 [会場地図]
参加費 無料
対象者 2015年度会員(有料・無料)
募集人数 70名
最終更新 2021年02月19日

参加申し込み

非会員の方は、こちらから会員をお申込みいただき、IDの発行を受け、会員ページからお申込みください。
会員の方はこちらからお申込み下さい。